社長メッセージ

これまでをアップデートし、塗り変える。その挑戦が、世界を拓く力になる。

取締役社長 内本 悠斗

取締役社長 内本 悠斗

GREETING WORKSの事業

揺るぎない2つの柱を軸に、新たな領域へ。

当社のビジネスは、大きく分けて「挨拶状」領域と「EC市場」領域の2つの柱で成り立っています。挨拶状は単なる通信手段という意味合いだけでなく、デジタルだけでは完結できない「相手に想いを届ける」というコミュニケーションを支える大切な事業です。このコロナ禍においても、変わることなく多くのご注文をいただけたことは、この領域の需要の高さを改めて実感するものでした。そして、もうひとつがEC市場。世界と比較して日本のEC化率はまだまだ低く、今後さらなる成長拡大の余地を残しています。挨拶状におけるトップランナーであり続けるとともに、成長著しいEC市場を軸とした新たな領域での様々なチャレンジを企画しているところです。

イメージ

GREETING WORKSを支える原動力

すべては「人」。それこそが成長のギアになる。

「力みなぎる人であふれる世界を創る」というビジョンを見据えた成長と飛躍。そのカギを握るのは「人」に他なりません。その「人」に重きを置いているのが、当社の強みであると言えます。たとえば、サービスの改善を検討する際は、お客様の声やアンケートからヒントをいただく。新しいプロジェクトを起こす際も、何をするかよりも、まずは誰がプロジェクトに参加すれば、実現に近けるかを考える。個々のマインドも同様です。「人ひとりで成し遂げられるものは少ない。仲間と共に目指せば、困難を乗り越えられる確率は高い。」「人は自分のためよりも人のための方が何倍もの力を発揮する。」目指すべきゴールに向かって価値観を共有し、行動できる力。これが当社の原動力です。

イメージ

私たちの変わらない想い

行動に繋がってこそ、理念は価値を持つ。

2015年の社名変更以来、大切に掲げている理念があります。当社がなぜ存在するのか。何を目指しているのか。何を大事にしているのか。それらを一人ひとりが深く理解し共感できるような取り組みをしています。例として、理念研修があります。入社後に業務内容ではなく、まず理念について学んでいただくという点からもその重要性はおわかりいただけるでしょう。一方的な投げかけではなく、理念の中のキーワードをお題として、個人のエピソードや考え方を共有する場を設けることで、大事にしたい考え方を学び、どんな考え方をもった仲間なのかを理解いただいています。理念は策定することが目的ではありません。理解浸透、そして態度変容、行動変容することこそ重要だと考えています。

イメージ

GREETING WORKSの目指す先

「消費者向けEC×ニッチ領域の模索」への挑戦。

現在の事業の柱である、はがき印刷、挨拶状のECビジネスには、まだまだ成長・拡大の余地があります。まずはその領域でのサービス拡充、広範囲なマーケティングを通じたシェア獲得を目指します。また、これまでのノウハウをベースに、他商材、他領域でのEC展開も予定しています。進出領域や商材の選択は、当社のノウハウである販売時期に応じたマーケティング戦略、顧客満足、リピーター獲得に向けたCRM戦略を活用し総合的な判断のもとで市場の選定を進めていきます。これからも、モノではなく「コト」と「ヒト」に焦点をおいたビジネスを展開する姿勢に変わりはありません。私たちが提供するサービスを通じて、もっと多くの人に、人との繋がりや幸せを感じていただけることを第一に取り組んでいきます。

就活中の皆さんへ

全力で挑んだ先にこそ、
新しい世界が待っている。

皆さんにとって当社は「自己成長」と「やりがい」を目一杯感じられるステージです。仕事を通じて叶えたい「個人ビジョン」を掲げ、目指す将来像に向かってチャレンジしながら自己成長を実感できること。個人の裁量が大きい一方で、担当したお客様や市場の反応に触れ、社会への貢献をダイレクトに実感できること。まさに全力で仕事に没頭できる環境だと言えるでしょう。アフターコロナと言われる時代、加速度的に変動する世の中に合わせて、これからは企業はもちろん個人も自らをアップデートする姿勢が求められます。過去と他人は変えられませんが、自分と未来は変えられます。飽くなき探究心と溢れるほどの知的好奇心を持つあなたと共に、ここから新しい世界を拓いていけることを楽しみにしています。 

取締役社長 内本 悠斗
PAGE TOPへ