EC部 WEBクリエイティブ課 後藤 仁美

GREETING WORKSに入社した理由は何ですか?

私の場合はまず「事業会社で仕事がしたい」ということが何よりでした。長期的な目線で物事をとらえ、愛着のもてる自社の商品やサービスに携わり、それを利用していただくユーザーとじっくり向き合いながら仕事をしたいという思いが強くあったからです。GREETING WORKSは、そんな思いを満たせるフィールドであると感じたと共に、大切に思いを届け、人と人をつなげていくという企業理念にも強く共感できたことが決め手になりました。

現在のお仕事の内容について教えてください。

入社当時は、プロモーション関連の部署に所属と配属となり、挨拶状のプロモーションを担当しました。並行して、新規事業のプロジェクトにも参加し、そこでアプリの画面設計などを主に担当しました。現在はWEBクリエイティブ課へ配属となり、ディレクターとしてサイトの制作・運用にまつわる進行管理から、コンテンツの企画、UI/UXの改善提案まで幅広い業務をおこなっています。挨拶状にまつわる複数のサイトの売り上げ目標を達成するために、どのような改善ができるかを考え、それらのアイデアを形にしていく。また、形にして終わりではなく、形にしたものがユーザーに本当に響いているのか分析し、課題があれば仮説を立てて検証、改善するPDCAサイクルによって、より良いサイトに仕上げていくのが仕事です。

仕事のやりがいについて教えてください。

自分一人でできることは小さいけれど、仲間と働くことでより大きなことができると実感しています。達成したときの喜びも何倍にもなりますし、苦しいことも分かち合える。今はチームで働くことにやりがいを感じています。また、所属している部門の仕事とは別で、部門を横断して構成されるプロジェクトやチームで色々な経験ができることも醍醐味のひとつだと思います。たとえば、私の場合は制作部門の仕事とは別に新規事業にも関わっています。日々の「改善」の業務とは異なり、「0→1」を作り上げる仕事は難しいことばかりですが、チャレンジと勉強の日々はとても刺激的です。

あなたが感じるGREETING WORKSの強みについて教えてください。

理念である「100%messageで人々の人生に貢献し、私たちも成長する」と5つの価値観(貢献、挑戦、成長、信頼と尊敬、礼儀礼節)に共感して入社したメンバーが集まっていることだと思います。社内には「誰かのために行動すること」が当たり前にできるメンバーばかり。「誰か」はお客さまであったり、一緒に働く仲間であったり、家族であったり、それぞれの「誰か」への思いが一つの力となって、GREETING WORKSを動かしているように思います。年間15万人以上という多くのお客さまに利用いただけているのも、このような想いが伝わっているからだと感じています。

今後の目標について聞かせてくだい。

人から愛されるサービスをつくって、グロースさせることです。本質的な課題を解決するようなサービス、素敵な体験を提供できるサービスを作りたいと思っています。これまでサイトのUI/UXの改善に携わってきましたが、経験を積むにつれてサイトの見せ方やテクニックで解決するのではなく、もっと上流からユーザーの体験を設計したいという気持ちが強くなっていきました。人を動かす原動力の中で一番強いのが「愛」、何かを好きだという気持ちだと思っています。使ってくださる人はもちろん、自分自身が自信を持って好きだと言えるような新たなサービスを作りたいです。

就活生に向けてメッセージをお願いします。

私も就活を経験しましたが、かなり苦戦した記憶があります。面接に何度も落ちて「本当に自分には価値があるのだろうか?」と落ち込んだりもしました。でもあの時に、あきらめずに、真剣に自分に向き合って考えたことで、今の自分がいると実感しています。たくさん会社を見て、たくさん話をして、自分に合う会社をみつけてください。目標達成までの道のりは、必ず壁に当たるものです。粘り強く最後までやりきる、強い心を持った人と、新しいGREETING WORKSを築いていけることを心待ちにしています。

1day schedule

10:00
出社

サイトの売り上げ・アクセス確認。

10:10
チーム朝礼

リモートの場合はzoomで朝礼をおこなうのが日課になっています。
スケジュール通りに制作が進んでいるのか、メンバーの進捗を確認。
小さな問題であれば、この場ですぐ解決します!

11:00
社内ミーティング
13:00
ランチ

コミュニケーションデーはチームメンバーと近所のお店にランチにいくことが多いです。
会社の周りにはランチができるお店が多いので場所には困りません。

14:00
サイトのデータ分析

定量、定性、両方の側面からサイトの改善ポイントを探します。

16:00
サイトの改善案検討

データ分析をもとに具体的な改善案のラフを作成します。

18:00
デザインチェック

デザイナーが制作したページを公開前にチェックします。
良いことも悪いことも全て、良いものをつくるための「フィードバック」。
単なる「駄目出し」にならないよう気を付けます。

19:00
退社
PAGE TOPへ